企業が広告を出す理由

映像

単価が低い

企業がYouTubeに広告を出すメリットの1つ目は、YouTubeは他のメディアとも比べて低コストで広告を出せる点です。テレビで広告を流すよりも低い予算で済むので広告を出しやすいという利点があります。

リスクが低い

YouTube広告の大きな特徴として広告をスキップするという点があります。これは一見、企業側からするとデメリットのようにも見えますが、スキップされた広告の広告代は、宣伝する企業が支払わなくても良いという仕組みになっています。そのため、広告に魅力を感じないユーザーへ向けての無駄な費用がかかりません。

ターゲットを絞ることができる

意外にもYouTube広告ではターゲットにするユーザーを選択し、絞ることが可能です。ユーザーの住んでいる地域や年齢層などを決めるとその範囲内のユーザーのみに広告を打ち出すことが可能になります。

広告の視聴層を分析できる

どのような人が広告を見ているのか、気になった時はYouTubeが提供しているシステムを使い、調べることができます。これにより、自社の広告がどの地域のどの年齢層、どちらの性別の人に見られているかを分析できます。

いくつものメリットがある

これだけでなくYouTube広告には本当にいくつものメリットがあります。これからYouTubeで広告を打ち出す企業はさらに増えることが期待されています。

広告募集中